看護師転職のメリット



看護師転職のメリット

看護師転職のメリットを考えれば、自分にとってどんなところがいいのかという事がわかるはずです。看護師という職業自体、メリットとデメリットがあります。
例えば、看護師の仕事の良いところは、収入が安定するところです。いつの時代でも、看護師というのは、非常に不可欠な役割の職種です。病院がつぶれるような事もあまりなく、いつでも必要とされている職業です。そのわりに、看護師不足という問題も起こっています。今の時代では特に、看護師の需要は多く、就職でも有利なのです。また、勤続年数にもよりますが、看護師転職を目指していくにあたっては、自分にとってどれくらい収入が安定するかといった事も考えていかなければなりません。
勤続年数が長ければ、それだけ収入もあがり、女性看護師の中には、月給30~40万円稼いでいる人もいるのです。もちろん、正社員であればボーナスもつきますし、有給休暇の制度もあります。企業によっては、残業代をしっかりとつけるところもありますが、企業によってはサービス残業になってしまうところもありますので、そのような裏の情報もしっかりと取り入れて看護師転職をしていきたいものです。
看護師のデメリットと言えば、時間の融通がききにくいところです。通常のOLなどであれば、朝から夕方までというように、原則的に労働時間が決められています。残業があるところもありますが、企業をえらべば、本当に定時きっかりで上がれるところもあるのです。しかし一方で、看護師は、特に病院では夜勤があるのが当たり前ですし、定時に帰宅できるとも限りません。

関連記事

  1. 看護師としての経験の振り返り
  2. 看護師以外の経験の振り返り
  3. 看護師転職のデメリットはあるか
  4. 看護師転職する理由
  5. 看護師転職してよかったこと
  6. どんな看護師転職があるか