看護師としての経験の振り返り



看護師としての経験の振り返り

看護師求人に応募する前の経験の振り返りとして、棚卸しを十分に行っておきたいのですが、この際に多方面から自分について振り返ってみると、非常に効果的に自分について知ることができるようになります。もちろんですが、もし看護師の経験が何かあるのであれば、その経験についても振り返っておきたいものです。ここでは、看護師としての経験を振り返ってみることについてお話します。

看護師の経験を振り返る際は、1つの職場で携わったお仕事に関して、できるだけ多く振り返ってみるのが有効です。というのも、そうすることでこれまでにどんな業務に携わってきたのかをより細かく把握することができるし、更には自分の強みが一体どんな点にあるのかについても知ることができます。看護師求人に応募して採用を勝ち取るためには、言うまでもなく自分の強みを効果的にアピールしていくことが必要なのですが、ただ「○○が強い」というアピールをしても説得力が出ず、その強みの背景にある経験がまずは必要になるのです。

それならば、まずは経験から振り返ってみる方が、はるかに効果的なアピールを期待できると思って良いのです。経験の振り返りの際は、どんなに小さな経験でも良いから紙に書き出してみることが大切です。自分では「こんな経験をしても大したことがないのでは」と思っていても、後でよくよく考えてみたら、非常に素晴らしい経験になっていることもあるのですから、下手な謙遜など不要なのです。

関連記事

  1. 看護師以外の経験の振り返り
  2. 看護師転職のデメリットはあるか
  3. 看護師転職のメリット
  4. 看護師転職する理由
  5. 看護師転職してよかったこと
  6. どんな看護師転職があるか